・金融機関におけるオフショアシステム開発の支援
・オフショア向けドキュメント 作製支援
・テスティング支援
・オフショアコントロール支援




設計フェーズにおいては、バイリンガルのブリッジエンジニアが顧客との要件定義を行い、英語等現地言語による開発用ドキュメントの作成を行います。

1.開発計画(SPP)のレビュー
-開発対象の定義
-コーディング規約
-リソース:各リソースのプロジェクトにおける責任と権限
-スケジュール
-フェーズの定義
-ベリフィケーション及びバリデーションの定義

2.基本設計のレビューはオンサイトにおいて行う。
要求されるスペックに適応した設計かであるかレビューを行う。

3.全てのドキュメントが完成し、アップデートされているかレビューを行う。

4.下記テスト計画が詳細設計に合致しているかどうか、レビューを行う。
-単体テスト計画
-結合テスト計画
-バリデーション計画

5.必要に応じてプロトタイプの作成を行う。





開発フェーズにおいては、電話・メール、チャットを通じたコミュニケーションを通じて、オフショアでの開発を支援し、作製され送られてきた成果物を受け入れテスティングを行います。テスティングにおいて合格しなかった成果物に関しては、電話・メール、チャットを通じオフショアスタッフに修正を依頼し、再度受け入れを行います。

1.主要なモジュールのコーディング品質のチェックを行う。
- 設計とのマッチング
- コーディングスタンダードとの一致

2.テスト計画において、規定した基準によりレビューを行う

3.テスト計画において、規定した基準によりレビューを行う
テスト報告書の作成

4.パフォーマンス検証

5.パフォーマンス検証のレビューを行う

6.テスト計画において、規定した基準によりレビューを行う

7.バリデーションが十分行われているかレビューを行う。
 
© 2010 investech k.k. all rights reserved